マイレージとIPOでファーストクラスな絶景探検!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

ANAファーストクラスにお得に乗る方法。最安0円から最大でも16万円で。

MMMilerが実践しているANAファーストクラスにお得に乗る方法を解説します。

まずは、ファーストクラス体験記から。

この座席(1K)に座りました。フルフラットになりますから、ぐっすり眠れます。
IMG_1065.jpg

KRUGのシャンパンとアミューズです。シャンパンはもちろん目の前で開けてくれます。
IMG_1068.jpg

前菜です。キャビアが山盛りです。こんなにキャビアが食べられることは中々無いでしょう。
IMG_1069.jpg

チケットはまだ取ってあります。
チケット


一生に一度は乗ってみたいですよね。

次の方法を実践すれば、誰でも乗ることができます

簡単ですから、ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください。


1.概要

✔ファーストクラスのチケットを普通に買ったらこの値段では買えません。
✔ANAマイレージの特典航空券を利用します。
✔短距離では意味が無いので、北米レギュラーシーズンのファーストクラスが取れる15万マイルを目標とします。


2.マイルの貯め方

✔マイルといえば、本来は飛行機に乗って貯めるものですが、普通に乗っていては15万マイルも貯まりません。
✔次にメジャーな方法としては、クレジットカードで貯める方法。多くても1%程度の還元率なので、15万マイル貯めるためには1,500万円の決済が必要で、現実的ではありません。
✔そこで、ポイントサイトを利用して貯めたポイントをマイルに交換することにより15万マイルを達成します。

*ポイントサイト:ポイントを付与することにより利用者への還元がある広告サイト。下記で紹介する、ハピタス・ちょびリッチなどがメジャー。


3.ポイントの貯め方(初期設定)

まず、初めにやらなければならないのは、次の4つです。

✔「ハピタス」の登録
✔「ちょびリッチ」の登録
✔「ドットマネー」の登録
✔「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の発行


ハピタスとちょびリッチはポイントを貯めるためのサイトです。ドットマネーはポイントを貯めることにも使えますが、主にポイントを交換するために使います。ソラチカカードはポイントを交換するために使います。


3-1.ハピタスの登録方法

ハピタスの登録がまだの方は、下記のリンクからハピタスの登録画面に行けます。

このリンクから登録すると特典として30ポイントがもらえます。さらに、2017年3月31日までにポイント交換を1度でも行うと追加で1,000ポイントがもらえるキャンペーンもやっています。(ハピタスは1ポイント=1円です。)

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


3-2.ちょびリッチの登録方法

ちょびリッチの登録がまだの方は、下記のリンクからちょびリッチの登録画面に行けます。

このリンクから登録し、登録月末までに1ポイントでも獲得すると、特典として500ポイントがもらえます。(ちょびリッチは2ポイント=1円です)

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ


3-3.ドットマネーの登録方法

ドットマネーはアメブロのサイバーエージェントの運営するポイントサイトです。アメブロのIDを持っていれば、そのままログインできます。持っていない方は次のリンクからどうぞ。

ドットマネーロゴ


3-4.ソラチカカードの発行方法

ソラチカカードはクレジットカードですが、これが無いとマイルへの交換効率が極端に悪化しますので、カード嫌いの方もこれだけは作っておいた方が良いです。

以前はソラチカカードもポイントサイトからお得に入れるキャンペーンがあったのですが、現在はありませんので、直接ソラチカカードのサイトから発行します。(下記のカード画像からソラチカカードのページにリンクしています)

ソラチカ

なお、初年度年会費無料、ボーナス1,000マイルキャンペーンをやっていますので、特に費用はかかりません。
ソラチカ2


4.ポイントの貯め方(実践編)

マイルへの交換に制限があるために毎月20,000円分のポイント(ハピタスなら20,000ポイント、ちょびリッチなら40,000ポイント)を目途にポイントを貯めていきます。

ポイントを貯めるためには、掲載されている広告を使うことになります。物品の購入、口座の開設や登録などがあります。大きくポイントを稼げる広告は、次の3種類が代表格です。

✔クレジットカード、ローンカードの発行
✔保険相談
✔FX口座開設


これらは、10,000円相当以上のポイントが稼げることの多い広告です。この中から毎月2件程度をこなしていけば、目標に近づきます。

簡単な注意点としては、
✔クレジットカード、ローンカードの発行:取り組みやすい案件ですが、短期間で大量に申し込むことの無いように気を付けます。
✔保険相談:ポイント付与の条件に契約締結が含まれていないかどうか確認した方が良いです。
✔FX口座開設:ポイント付与の条件に実際の取引が含まれていないかどうか。含まれているとしたらどの程度の量なのか。確認する必要があります。

この他、日ごろ使っている通販サイトなどもポイントサイトを通すだけで、ポイントを得ることができます。
ロハコ
楽天市場
DHC.png
ファンケル


5.ポイントの貯め方(裏ワザ的実践編)

上記4の貯め方ですと基本的には無料ですが、ある程度費用はかけても面倒なことはしたくないという方のためのポイントの貯め方です。実質的にはマイルを買うのと同じです。

また、4の貯め方で20,000円相当のポイントが貯まらなかった月に不足分をこの方法で補てんするという方法もあります。

まず、携帯でドットマネーを開きます。下の方にあるドットマネーモールへのリンクをクリックします。

IMG_1626.png

ドットマネーモールの下の方にある広告サービスのジャンルから「今すぐもらえる」を選びます。

IMG_1623.png

人気順あるいはマネー順で並べ替えます。(ドットマネーは1マネー=1円です。)

ここで出てくるのは、携帯用の月次課金登録です。ここでは、高額かつ還元率が高いものがあるので、効率よくポイントが稼げます。人気順に並べると、やはり還元率の高いものが上位に出てきます。

例えば、下記は30,000円で29,640円相当のポイント。
IMG_1625.png

こちらは10,000円で10,400円相当のポイント。
IMG_1624.png

還元率の高いものを選んで登録します。注意点としては、2回目の課金(翌月1日が多い)がされないように、ポイントが加算されたら忘れずに解約することです。

これを組み合わせれば、確実に月に20,000円分のポイントを得ることができます。


6.ポイントからマイルへの交換

ポイント交換の流れは次のようになります。
交換ルート
交換ルート2
(図は、ポイ探より)

ハピタス、ちょびリッチ、ドットマネーで貯めたポイントをドットマネーに集約して、東京メトロ(ソラチカカード)を経由してANAマイルに交換します。東京メトロからANAマイルへの交換は月に20,000ポイントまでとなっています。これが、これまで月に20,000円相当のポイントが目途と言ってきた理由です。

(交換にかかる期間)
ハピタス → ドットマネー :3営業日
ちょびリッチ → ドットマネー :リアルタイム
ドットマネー → 東京メトロ :15日までの交換申請が翌月11日に反映
東京メトロ → ANAマイル :15日ごろまでに交換申請すると翌月上旬に反映

交換にかかる期間は上記の通りで、獲得したポイントがマイルに交換されるまで、早くて約2か月となります。


7.特典航空券の発券

この手順の通り実行すると、始めて4か月目の上旬に18,000マイルが貯まり、11か月目の上旬には18,000x8=144,000マイルが貯まります。これに、ソラチカカードのボーナスマイルやカードマイルも合わせると15万マイルが達成できていることでしょう。

ファーストクラスでの北米往復達成です!

でも予約できないと、意味ないですよね。

8月下旬の日程で検索してみました。

F予約

席はありました!
(ちなみに、同じ便を普通に予約すると212万円!!です。)


8.まとめ

まとめとして、コストを計算してみます。

4.の方法ですべてのポイントを賄った場合:0円
5.の方法ですべてのポイントを賄った場合:2万円x8=16万円


ということで、かかる費用は0円から最大でも16万円で済みます。
通常はかなり4.の方法で稼げますから実践した人の大多数は0円に近くなると思います。
また、最大で16万円かかると言っても、16万円ではビジネスクラスにも当然乗れません。安いエコノミーのチケットがせいぜいです。

さらに特典航空券には格安チケットと比較して大きなメリットがあります。変更に対する自由度です。格安エコノミーは変更など一切できませんが、特典航空券の場合、経路を変えない限り、有効期間内で空席があれば変更が可能です(空席が無いということはあり得ます)。取消しも3,000マイルの手数料のみで可能です。ですからかなり先のチケットを取ってもリスクは小さいです。

このように、現在の仕組みはとても有利な形となっています。世の常として、こういう状態は、どこかが変更されて長続きしないものです。

今のうちに一生に一度はファーストクラスを体験することをお勧めします。
スポンサーサイト
タグキーワード
  • No Tag
2026.12.27|コメント(0)トラックバック(-)Edit

ブログ引っ越しのお知らせ



ブログを引っ越しします。

新たなアドレスはこちらになります。

実際の引っ越しも大変ですが、ブログの引っ越しも結構大変です。

どこかで引っ越しが必要だと思っていたので、今のうちに引っ越すことにしました。

今後ともよろしくお願いいたします。

(以前のように旅行記が完結しないということが無いようにします)

mmmiler
タグキーワード
  • No Tag
2017.01.17|コメント(0)トラックバック(-)Edit

楽天オートの中古車査定案件はおすすめできない。



ハピタスに出ていた楽天オートの中古車査定案件をやってみましたが、これはあまりおすすめできません。

楽天オート

現在、750ポイントから2,500ポイントにポイントアップされています。車もそろそろ買い替えの時期かなと思っていたので、参加してみました。

入力は簡単でした。楽天オートなので楽天のIDでログインすると自動的に必要項目も埋めてくれます。

でも、これが落とし穴でした。

住所、電話番号を手入力すると、入れて大丈夫かな?電話かかってくるかな?とか気に掛けると思うのですが、自動的に入ってきたのでそのままスルーして完了ボタンを押してしまいました。

すると、その直後から電話鳴りまくり!!

どこの電話かわからないので放置していると、出るまで何回もかけてきます。

電話番号を検索かけてみると、やはり中古車屋でした。

同じ中古車屋なのにいろんな番号から掛けてくるのも悪徳っぽい。

メール査定で完了すると思っていたのが甘かった!

出るまで終わらないので、一旦電話に出て、各社にメール連絡にしてくれと言いました。

実車を見ないと査定できないというところもあるので、面倒なので結局はキャンセルにしました。


ということで、査定額をさくっと知りたいだけという人にはお勧めしません。

実際に近々に車を売りたいという人には手間が省けていいと思いますが。




人気記事

ファーストクラスにお得に乗る方法。最安0円から最大でも16万円で。
絶景ランキング
絶景ランキング(番外編)
タグキーワード
  • No Tag
2017.01.16|コメント(0)トラックバック(-)Edit

東洋証券キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!




昨年末に、IPO主幹事発表を聞いて速攻で申し込んだ東洋証券の口座開設ですが、やっと完了の書留が届きました。

一時は間に合わないかと思っていたので、IPOに当たったかのように喜んでいます。

IMG_1658.jpg

掲示板などでは、すでに口座開設完了の書留が届いたという情報もありましたが、一番早い部類かと思います。

忘れる前に、ネット入金してシャノンのBBも済ませました。

受付番号は2,200番台ですので、期待できる数字です。

受付終了は17日の9:30ですから、明日届かないと間に合わないですね。MMMilerも東洋証券の件は、当日に記事にしたので、それを見て口座開設を申し込んだ方も間に合うといいですね。

では、当選したらちゃんと口座使いますから、よろしくお願いします!東洋証券さん!



人気記事

ファーストクラスにお得に乗る方法。最安0円から最大でも16万円で。
絶景ランキング
絶景ランキング(番外編)
タグキーワード
2017.01.15|コメント(0)トラックバック(-)Edit

ANA VISA/マスターのもれなく1,500マイルもらえるキャンペーン



ANA VISA/マスターカードで、もれなく1,500マイル相当のワールドプレゼントポイントがもらえるキャンペーンが始まっていたようです。

カードキャンペーン

期間は昨年の12/1から3/31まで。

条件は、三井住友カードのHP(VPASS)でキャンペーンのエントリーをして、合計100万円(税込)の利用をすること。

金額は多めなので達成できるかわかりませんが、念のためエントリーはしておいて損は無いでしょう。



人気記事

ファーストクラスにお得に乗る方法。最安0円から最大でも16万円で。
絶景ランキング
絶景ランキング(番外編)
タグキーワード
  • No Tag
2017.01.14|コメント(0)トラックバック(-)Edit

タニタ×イーレックス あるく・おトク・でんきプランはお得だったのか。2か月目の実績。


タニタとイーレックスが提携している「あるく・おトク・でんきプラン」というものがあります。

あるくおとくでんき

新電力について、いまひとつピンと来なくて切り替えをためらっていたのですが、タニタとの提携プランということで、思い切って変えてみました。

これは昨年の10月から申し込み開始となったプランです。申し込み開始早々に申し込んだMMMilerは11月から供給開始となり、12月で2か月目となりました。サイトを見ると、毎日1万歩以上歩くと、かなり安くなりそうですが、実際のところどうだったのかレポートしてみます。

まずは12月分の電気料金ですが、7,712円となりました。明細は次の通りです。

電気料金

MMMIlerの使用量(契約40A、使用電力340kwh)を東京電力の料金で計算すると8,544円となり、832円安かったことになります

内訳としては、基本的な電力の部分(web割引も含む)が▲494円、本プラン特有の部分が▲338円となります。

基本的な電力の部分は新電力になって電気の単価が若干安くなっていることによります。本プラン特有の部分としては、月々162円のサービス料を取られる一方で歩数ポイントの割引が500円となっています。

歩数ポイントについては、11月に歩いた分が反映されていますが、MMMilerは、毎日欠かさず10,000歩以上歩いて4,305ポイント得て、500円の割引となりました。歩数ポイントと割引額は次の表の通りです。


あるくおとくポイント表

実際にやってみて分かったのですが、毎日欠かさず10,000歩以上歩いた場合、30日の月は4,305ポイント、31日の月は4,435ポイントとなりますが、2月は28日までしかないので4,045ポイントにしかなりません。MMMilerの場合、毎日完璧に歩けたとして、大の月の分は1,000円、小の月の分は500円、ただし2月の分は300円の割引となりそうです。(サービス料162円が別途取られます。)

1日でも歩数が足りなかったり、記録を忘れたりするとポイントが減って下のカテゴリーに落ちてしまいますので、この最大額の割引を得るのはかなり大変です。だからこそ毎日歩き続ける強いインセンティブが働くとも言えます

ポイントの表をみると200円の割引には簡単になりそうなので、サービス料を下回って、かえって損をするということはあまりなさそうです。

注意点としては、当初事務手数料1,080円が取られること、24か月以内の解約は3,000円の手数料が取られるということがあります。

なお、1/31までの申込みであれば、タニタの活動量計(AM-161:価格コムで6,285円が最安)がもらえますのでお得です。

実際には思ったほどは安くなりませんでしたが、TOTALでは月に1,000円程度は安くなりそうなので、MMMilerとしては、満足しています。スマートメーターに変わったのもいいですね。

ウォーキングしている人にはお勧めです。ポケモンGOとの相性もいいですよ。

ご興味ある方は、サイトで詳細をチェックして見てください。


人気記事

ファーストクラスにお得に乗る方法。最安0円から最大でも16万円で。
絶景ランキング
絶景ランキング(番外編)
タグキーワード
  • No Tag
2017.01.13|コメント(0)トラックバック(-)Edit

【旅行記】ファーストクラスで絶景探検(アメリカ西部)⑨ブライスキャニオン、コダクローム・ベイスン州立公園


アメリカ西部の絶景ポイントにファーストクラスで行った旅行記の第9回です。

3日目の続き


下の方に降りてくるとトゲトゲの岩が広がっているのが見えます。天候もだいぶ回復してきました。

DSC_0081.jpg

茶色、白、緑のコントラストが美しいです。

DSC_0083.jpg

段々とアップにしていきます。

DSC_0088.jpg

DSC_0090.jpg

DSC_0091.jpg

日が差してきました。日が当たると岩が鮮やかに光り、また違った感じになります。

DSC_0098.jpg

DSC_0100.jpg

DSC_0101.jpg


ブライスキャニオンのビューポイントをすべて回りましたが、まだ時間があったので、近く(といっても1時間弱かかる)のコダクローム・ベイスン州立公園に向かいます。

DSC_0115.jpg

コダクローム・ベイスン州立公園は、コダック社に許可をもらい名を付けた色彩豊かな州立公園ということでしたが、天気があまり良くなかったということもあるのでしょうが、それほどきれいという感じではありませんでした。

巨大なチムニーロック。20m以上の高さがあります。

DSC_0102.jpg

こちらもチムニーロック。色のグラデーションがきれいですね。

DSC_0104.jpg

もう一つチムニーロック。茶色の岩になぜか白いチムニーロック。
どこに行っても不思議な景色が広がります。

DSC_0113.jpg

コダクローム・ベイスン州立公園は1時間ほどで、ぐるっと一周して、帰路につきます。

本日もカナブに宿泊です。気分を変えるために、また違うモーテルに泊まります。

DSC_0116.jpg

⑩に続きます。


人気記事

ファーストクラスにお得に乗る方法。最安0円から最大でも16万円で。
絶景ランキング
絶景ランキング(番外編)

タグキーワード
2017.01.12|コメント(0)トラックバック(-)Edit

【IPO】 シャノンの仮条件と東洋証券の口座開設 




注目のIPOシャノンの仮条件が、決定されました。

想定価格1,400円に対して、1,300円~1,500円です。

前回の初値予想記事で公募価格が1,500円になると予想していましたが、見事に的中しました。あとは、初値が4,500円になれば、完全的中です。


そんなものが当たっても肝心のIPOに当たらなければ意味が無いんですけどね。


IPO主幹事の報を聞いて、さっそく東洋証券の口座開設を申し込んだMMMilerですが、口座開設は完了したのでしょうか?

ハピタスの方は、すでに有効となり270ポイントゲットしています。

東洋証券4

ただし、肝心の口座開設の方は、最終的には完了していません。

昨年中に書類は返送していますし、口座開設が条件のはずのハピタスも早々と承認されているので、大丈夫とは思うのですが。。。

BBも始まってしまったので、少々不安ですが、もう少し待ってみます。




人気記事

ファーストクラスにお得に乗る方法。最安0円から最大でも16万円で。
絶景ランキング
絶景ランキング(番外編)
タグキーワード
2017.01.11|コメント(0)トラックバック(-)Edit

【旅行記】ファーストクラスで絶景探検(アメリカ西部)⑧ブライスキャニオン

アメリカ西部の絶景ポイントにファーストクラスで行った旅行記の第8回です。

3日目

3日目は、ザ・ウェーブのために空けていたのですが、抽選に当たらなかったため予定が無くなりました。ただ、この周辺には行きたいところはいくらでもありますので、全く困りません。アンテロープキャニオンも気になっていたのですが、過去に行ったことがあるので、行ったことのないブライスキャニオンに行くことにしました。

今日の行程はこんな感じです。

ブライス

カナブからブライスキャニオンまで2時間程度の道のりです。
時間が余ったので、ブライスキャニオンの少し先にあるコダクローム・ベイスン州立公園にも足を延ばしました。

まずは、ブライスキャニオンの一番奥のレインボーポイントまで、一気に進みます。
前日の晴天からうってかわって、雨が降っていたのですが、標高が高くなるにつれて、雪に変わってきました。といっても道路に積もるほどではないので、運転には問題ありません。そういえば、ブライスキャニオンの写真でもギザギザの岩と雪のコラボレーションというのがよくありますよね。ブライスキャニオンは結構標高が高いことを忘れていました。

DSC_0061.jpg

雪がちらちらと舞っています。霧もかかっているので、視界が悪くなっています。
色は薄いですが、ブライスキャニオンっぽい岩があります。

DSC_0064.jpg

寒いのでここは早々に退散しました。
ここからは、ビューポイントに寄りながら、山を下りていきます。

DSC_0067.jpg

山肌に若干雪が残っていますが、雪は止みました。

DSC_0068.jpg

まだまだスケールは小さいですが、ブライスキャニオンらしい色・形の岩になってきました。

DSC_0071.jpg

塔のように岩の一部が残っています。

DSC_0073.jpg

もっと細い塔もあります。

DSC_0075.jpg

こちらはナチュラルブリッジです。岩の一部がくり抜かれ、橋のような形になった岩です。どうしてこのように形になるのか不思議ですが、こういうナチュラルブリッジはデリケートアーチで有名なアーチーズ国立公園にたくさんあります。

DSC_0077.jpg

いよいよブライスキャニオンの中心部に近づいてきました。


⑨に続きます。


人気記事

ファーストクラスにお得に乗る方法。最安0円から最大でも16万円で。
絶景ランキング
絶景ランキング(番外編)

タグキーワード
  • No Tag
2017.01.10|コメント(0)トラックバック(-)Edit

みんなのクレジットは危険?投資を検討していましたが、結局やめました。

過去に記事にしたみんなのクレジットへの投資案件ですが、色々と検討した結果、投資はしないことにしました。

みんなのクレジットの強み・弱みを簡単にまとめてみると、


みんなのクレジットの強み

✔最大14.5%の高利回り+比類なきキャッシュバック
✔全案件が担保付
✔第二種金融商品取引業者登録済
✔これまでに貸倒実績はない



みんなのクレジットの弱み

✔途中解約ができない
✔元本保証がない
✔借入人の顔が見えない、担保など貸付条件の詳細がわからない
✔設立からの日が浅い



といった感じになると思います。

この中で一番引っかかったのは、「借入人の顔が見えない、担保など貸付条件の詳細がわからない」という点です。要するに自分の負っているリスクが何なのか分からないということです。

これに関しては、担保取得済みであること、あるいは貸倒実績が無いということから一定程度緩和されますが、歴史も浅いことから貸倒実績が無いというだけで目利き能力を完全に信用できるわけではありません。

また、高リターンの裏返しですが、借入人はかなりの高金利で借り入れていることになります。キャッシュバックも考慮すると投資家の利回りは12%以上にはなっていますので、みんなのクレジットの利ザヤを考えると借入人は利息制限法の上限である15%で借りているのではないかと考えられます。

当然借入人は、銀行などから借りることができないので、こうした借入に頼らざるを得ないということは確かです。「投資型クラウドファンディングで資金を集めたい事業社=銀行で融資を受けれない怪しい・危ない事業社という訳ではない」と断言する向きもありますが、MMMilerとしては、通常の金融機関の審査を通らないリスクの高い先と考えます。プロがやらない先にアマチュアが出て行って勝てるとは思えません。(ただし、リスクの高い先が必ず倒産する訳ではありません。通常の金融機関には分からないノウハウを持っていて、リスクの見極めができるということはあり得ますが、みんなのクレジットは審査能力の高さを謳ってはいません。)

仕組み自体は、第二種金融商品取引業者登録もしているので、しっかりしていて、詐欺ということはないと思いますが。

もう一つ気を付けなければいけないのは、本ブログも含めブロガーの意見を鵜呑みにしないこと。アフィリエイトがありますから、意見にバイアスがかかっていると考えた方が良いです。(本件、料率が高いのでブロガーがこぞって勧めています。)


まとめ

自分の負うことになるリスクが何なのか分からないので止めることにしました。

みんなのクレジットへの投資はお勧めはしませんが、もし投資されるのでしたら、ハピタスなどを経由してプラスアルファをもらって投資することをお勧めします。


*なお、本記事のコメントはMMMilerの個人的見解です。投資は自己責任でお願いします。


人気記事

ファーストクラスにお得に乗る方法。最安0円から最大でも16万円で。
絶景ランキング
絶景ランキング(番外編)
タグキーワード
  • No Tag
2017.01.09|コメント(2)トラックバック(-)Edit
Copyright © マイレージとIPOでファーストクラスな絶景探検! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。